Windows 10/11 Education(教職員向け)

概要

本学ではマイクロソフト社と「Microsoft 365 Education A3」のEESの契約を締結しております。この契約により、利用対象者の利用対象機器をWindows 10/11 Educationにアップグレードすることができます。

Windows 10/11 Educationの利用

利用対象者

教職員(※1)

※1 本学の教員、クロスアポイントメント教員、非常勤講師、職員、非常勤職員、特別研究員、派遣職員、交流職員、
アルバイト職員が利用できます。

利用対象機器

大学業務として個人が占有して使用するコンピュータ、もしくは研究室の共用コンピュータ(利用者は学生・教職員)のうち次のいずれかの条件を満たすもの。

  • ライセンスを保有しているWindows 7、Windows 8.1、Windows 10、Windows 11が既にインストールされているPC
  • PCへの新規インストール(Windows 7、Windows 8.1、Windows 10、Windows 11のライセンスを保有しているだけでインストールはしていない)
  • Mac
  • Windows 8.1、Windows 10、Windows 11、macOS上の仮想マシン

※ご利用のコンピュータがアップグレード可能であるか、下記サイトまたはメーカにご確認ください。
各パソコンメーカーの対応について
Windows 10(富士通,NEC,Sony,HP,DELL
Windows 11(富士通,NEC,Sony,DELL)

アップグレード/インストールされるOS

Windows 10/11 Education

利用方法

下記ページより、鳥大IDでログインいただき利用規約に同意いただいた上でご利用ください。

※詳しい設定方法等については、同意後の画面で案内いたします。

https://services.center.tottori-u.ac.jp/kms-regist/

エラー等により正常にアップグレード/インストールできない場合は、以下のページを参考に対処を行ってください。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10587/

利用上の注意

  • Windows 10/11 Educationへアップグレードする際はデータの破損・消失に備えて必ずバックアップを作成してください。
  • アップグレード後に元のエディションに戻す場合、OSの再インストール(データなどは消去される)となります。再インストールする方法も事前に確認ください。
  • 手順の中で数GBの通信が発生します。学内の有線LANなど安定して繋がる環境で作業をしてください。
  • ライセンス認証された状態を維持するために、少なくとも180日間に1回、学内ネットワークに接続してライセンス認証を更新する必要があります。期限を越えた場合も、学内ネットワークに接続してライセンス認証を更新することにより再度利用可能です。
  • コンピュータがWindows 10/11 Educationにアップグレード可能であるかご確認ください。各パソコンメーカーの対応について(Windows 10:富士通,NEC,Sony,HP,DELL,Windows 11:富士通,NEC,Sony,DELL
  • アプリケーションによっては、アップグレードにより動作しなくなる可能性があります。各アプリケーションがWindows 10/11 Educationに対応しているかご確認ください。
  • Windowsライセンスについて詳しくは、以下の条項をご確認ください。
    ライセンス条項
2019/10/11, 2023/08/17, 10,373 views