manabaへのMicrosoft Stream上の動画ファイルの埋込み

概要

manabaにはMicrosoft Stream(以下、単にStream)上の動画ファイル等を埋め込む機能があります(オプション機能だったものが、2023年09月05日のバージョン2.974から標準機能として提供されたもの)。ここでは、manabaのコースコンテンツにStream上の動画ファイルを埋め込む手順を解説してます。埋込みコードの取得手順は、[Microsoft Stream上の動画ファイルの埋込みコードの取得]を参照してください。

スクリーンショットは、クリックで拡大表示できます。環境は、Windows 11、Microsoft Edge 116です。macOSや他のWebブラウザ等では項目名や一部の操作が異なる場合があります。

動画の埋込み

  1. コースコンテンツやコースニュース、小テスト等の作成ページで、Stream上の動画ファイルを埋め込みたい位置にカーソルを移動させます(クリックします)。
  2. [添付]ボタンをクリックします。
  3. ファイル添付または埋込みコード入力のダイアログが表示されます。
  4. [埋め込みコードから添付]をクリックして選択します。埋込みコード入力欄が表示されます。
  5. Stream上の動画ファイルから埋込みコードをコピーします。コピー手順は[Microsoft Stream上の動画ファイルの埋込みコードの取得]を参照してください。
  6. 埋込みコード入力欄で右クリックして表示されるコンテキストメニューの[貼り付け]を選択します(PCの操作に慣れている方は、[Ctrl]+[V]で)。
  7. 埋込みコードが貼り付けられます。
  8. [OK]ボタンをクリックします。
  9. 動画が埋め込まれます(この編集画面では動画のサムネイルは表示されず、画面のようなものになります)。
  10. ページをスクロールして、[追加]ボタンをクリックします(コースコンテンツの場合)。
  11. 確認のダイアログが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします(コースコンテンツの場合)。
  12. 作成されたページに動画のサムネイルが表示されます(表示に時間が掛かる場合があります)。再生ボタンをクリックすれば、動画が再生されます。
  13. 尚、manabaにログインしているブラウザでMicrosoftアカウントにログインしていない場合、画面のような表示になり、再生できません。コースの受講生でも同様ですので(共有設定をし忘れている場合も同様)、その旨も合わせて連絡するようにしてください。
2023/09/22
2023/09/22, 2023/09/22, 85 views